2013-01-30

漫画「ほんとにあった! 霊媒先生13」で妖怪検定が紹介されました。

みなさん「ほんとにあった! 霊媒先生」って漫画、ご存じですか?

ほんとにあった! 霊媒先生」は、「月刊少年ライバル(発行:講談社)」で連載中の作品で、「趣味は降霊、特技は除霊」という霊能力を持った中学教師が主人公のホラーコメディで、「月刊少年ライバル」の連載はもちろん、コミック(発刊:講談社)も好評で、アニメ化もされた人気漫画です。

なんとこの漫画の作者の松本ひで吉先生、昨年の9月初旬に、1カ月半後に迫る「第7回境港妖怪検定」を突然受験することになったのです!

しかも「初級・中級の両方受験」!!!
※中級を受験した方ならその無謀さが分かると思います…(笑)

そして、なんと!
受験が決定した瞬間から受験当日までの(険しい)道のりを、「妖怪検定、受験への道。」というタイトルの4コマ漫画にしてくださいました!
そのうえ12月4日(合格発表日の約1週間後ですね)に発売された13巻に掲載してくださったのです!!!

さらに「妖怪検定、受験。」とでっかく書かれたオビ(しかも公式サイトのURLも!)まで!


 ▲これが書店に並んでいる「ほんとにあった! 霊媒先生13」と、その本誌に掲載されている
「妖怪検定、受験への道。その1~10」のひとつ。四コマ漫画はクリックすると大きくなります。

境港妖怪検定は今までいろいろなメディアにご紹介頂きましたが、こんなふうに「漫画」にして頂いたことは初めてで、本当に嬉しい限りです!

実行委員会一同で読ませて頂きましたが、全員大爆笑!

四コマでしかもゆるいタッチなのに、思わず受験当日がフラッシュバックしてしまうほどの臨場感(笑)
受験したことある方は、笑いながら「あーーーー!」と激しく頷き、受験したことない方は中級受験の雰囲気がお分かり頂けるはずです!

講談社発行の「ほんとにあった! 霊媒先生13」は、お近くの書店でお求め頂けます。ぜひ皆さんも読んでください♪

尚、松本ひで吉先生に於かれましては、

 

なんと初級・中級とも合格!!(すごい!)

おめでとうございます!!!

妖怪博士として、妖怪文化の素晴らしさと境港妖怪検定の啓蒙活動へのご協力、引き続きよろしくお願いいたします!

今回、無事、初級中級の同時合格を果たされた松本ひで吉先生より、受験についてのコメントを頂くことが出来ましたので、ご紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「これ…本気でむずかしい」 
軽い気持ちで申し込みしたものの、受験までの日々は高校生以来の勉強漬けでした。
単語カード、暗記ペン、まとめノート…思い出すのもおぞましいアイテムとの再会です。 しかし、意に反して妖怪の勉強は楽しかったのです!
滑稽だったりおそろしげであったりする妖怪たちの勉強はたちまち日々の楽しみとなり、結果、初級中級と合格を果たすことができました。 
役にたたないからこそ面白い。妖怪とはそんな「心の余裕」にこそ棲む存在なのではないだろうかと気づかせてくれました。
 ←松本ひで吉先生の自画像
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松本ひで吉先生、ありがとうございました!

今後とも、よろしくお願いします!!!(意味深)
(※「ほんとにあった! 霊媒先生13」の巻末をお読み頂ければ分かります(笑) 

(文:境港妖怪検定実行委員会 K)

>>お知らせ一覧はこちら

コメントを書く







コメント内容


Copyright©SakaiminatoYoukai-Kentei. All rights reserved.