境港市

さかなと鬼太郎のまち

境港市は、鳥取県の西部にある人口約33,000人の小さな市です。

日本一人口の少ない鳥取県において最も人口が少ない市ですが、実は中国地方にある市では最も面積が狭く、人口密度は山陰地方最高の市※でもあります。(※wikipediaより引用)

昔から境港は、日本海側屈指の漁港としても有名で、1990年代に5年連続で漁獲水揚げ量日本一を記録し、現在もカニ水揚げ日本一を誇ります。

それと同時に貿易港として様々な国の貨物船の他、寄港するクルーズ客船も年間最大60隻を超えています。

また米子鬼太郎空港には東京・羽田便のほか、韓国・香港・上海等の国際便が就航※し、環日本海交流の窓口として広く知られています。(※現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響で運休しています。)

そして境港市は、日本漫画界の巨匠・水木しげる先生が生まれ育ったまち。

水木しげる先生の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ、日本各地の妖怪のブロンズ像やオブジェが約800mに渡って立ち並ぶ「水木しげるロード」は、1993年にオープンしました。この時のブロンズ像の数は23体。その後、ブロンズ像や様々な仕掛け、水木しげる記念館などの施設が徐々に増えていきます。

 

そして、オープンから25周年となる2018年7月14日には大規模なリニューアルにより、さらに楽しく生まれ変わりました。

対向2車線の車道を一方通行1車線とし、歩道を拡幅しました。段差も減らしてバリアフリー対応となっています。

177体にまで増えたブロンズ像はカテゴリーごとに再配置され、ブロンズ像や樹木のライトアップなどの夜間照明演出も施されました。

このライトアップは場所によって音に反応したりシンクロする演出も加えられています。またロードのあちこちには妖怪たちの影絵が切り絵のように映し出され、昼夜を問わずロードを訪れる様々な方に楽しんでもらえるよう工夫が凝らされました。

 

境港市のキャッチコピー「さかなと鬼太郎のまち」の通り、豊かな海産物と鬼太郎をはじめとする妖怪たちが皆さんのお越しをお待ちしています。

 


 

調布市

水木マンガの生まれた街 調布

調布市は東京都多摩地区東武に位置する人口約244,000人の市で、交通の便もよく自然がほどよく調和した暮らしやすく人気のエリアです。
調布市には深大寺をはじめとして社寺仏閣も多く、また新選組・近藤勇の生誕地としても知られ、歴史を感じられるスポットも数多くあります。

また調布は「映画のまち」としても有名で、日活調布撮影所や角川大映スタジオなどの映画撮影スタジオであるながあり、このスタジオで多くの映画が撮影されてきました。

調布市には2019年ラグビーワールドカップや東京2020オリンピック・パラリンピックの会場をはじめとする様々なスポーツイベントや大規模コンサート会場として使用される「味の素スタジアム」や「武蔵野の森総合スポーツプラザ」などスポーツ施設も充実しており、味の素スタジアムをホームグラウンドとするサッカーチーム・FC東京の本拠地でもあります。

そして調布市の富士見町は、水木しげる先生が昭和34年からお住まいになられた場所。
先生はこの調布市で「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」をはじめ数々の傑作を生み出されました。

調布市内には、鬼太郎オブジェが並ぶ天神通り商店街や、先生の作品に登場する妖怪やキャラクターのオブジェや遊具が並ぶ鬼太郎ひろば、市内を走るミニバスに描かれた鬼太郎、深大寺に参道にある「鬼太郎茶屋」などで水木しげる先生ゆかりのスポットが数多くあり、調布市のキャッチフレーズも「水木マンガの生まれた街 調布」と命名しました。

先生が調布にお住まいになられて以降、調布市に対して大変多くのご協力を頂き、その功績と市民の敬愛を讃え、2008年3月6日に調布名誉市民の称号が贈られました。

2015年11月30日、93歳でお亡くなりなられて以降も市民からも慕われ続け、調布市ではご命日である11月30日を中心に「ゲゲゲ忌」という先生を偲ぶ期間を設け、水木しげる先生にまつわる様々なイベントや取り組みを行っています。